テキストファイルのセーブテンプレート

関数本体
global proc int txtSaveData(string $filename, string $fileType){
 string $saveFileName=$filename;
 $fileID=`fopen $saveFileName "w" `;
 string $expStr="\/\/sampleData\n";
 fprint $fileID $expStr;
 fclose $fileID;
 return 0;
}

呼び出し側の実行文
fileBrowserDialog -m 1 -fc "txtSaveData" -ft "txt" -an "txtSaveData" -om "ExportActive";

$expStrに入れたものを書き出しますが、文字列が長い場合は、何回かに分けて書き込むようにしておくと良いです。

広告
カテゴリー: File関係 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中